三日坊主さんにオススメ。 小さな習慣 / スティーヴン・ガイズ を読んで行動したくなったこと

小さな習慣

久しぶりに本を読みました。はい、久しぶりに。

本を読むという習慣が最近は全く無かった気がします。

「時間がない」とどこか逃げていたような?気もします。でも、その「習慣」の重要性をとてもわかりやすく、

書いてある本。

この本を最低2ページづつ、最後まで読み続けてくださいと書いてあるのですから、それなら出来る!とまずニヤニヤしつつ読み始めました。

ご紹介します。

 

小さな習慣

小さな習慣  スティーヴン・ガイズ著

サブタイトルにまず「目標はばかばかしいくらい小さくしろ」と書いてあります。ここで「え??」と驚く人がいるかも知れません。

でも、それがなぜなのか本書を読み進めていくとわかってきます。

 

小さな習慣とは何か?

著者がたった一回の腕立て伏せを本格的なトレーニングにまで発展させたストーリーを紹介しています。

そして

脳を味方にするということ

脳のしくみを知っておくことでこんなにも「習慣」と仲良くできるのか!

その事について解説してあるのですが、私としては驚きでした。

正直言うと「習慣付ける」とか「コツコツ毎日」はどこか地味なイメージというか「努力」「大変」なイメージ。

そして、その習慣を続けるためには「モチベーションが必要」だとも思っていました。

 

ところが、読み進めていくと

  • モチベーションに頼っても習慣は身につかない
  • 行動することにモチベーションは必要はない
  • モチベーションと感情に頼らない「熱意減退の法則」
  • なぜ意思の力はモチベーションに勝るのか

などの解説があります。

もうこの時点で「え??そうだったの??」と驚きが続きます。

そして、小さな習慣を成功させるための心構え

なぜ、小さな習慣からなのかという事に話しは進んでいきます。

そして

最後には「小さな習慣」を失敗させない8つのルールも書いてあるので

 

もうこの頃には

私の小さな習慣とは何か?何にしようか

そう考えはじめている自分に気付きます。

自慢じゃないですが、今まで「今日からアレを始めてみよう」「今日からダイエット」など色々な目標を立ててみたものの、習慣化できたことは・・・・・・。

でも、この本を読んで「習慣」はまずは小さな事からで良いんだ。

いや、

目標はばかばかしいくらい小さくしろ!

そう書いてある意味がわかります。

毎日、習慣化している歯磨きや入浴などと同じくらいの簡単なこと。

そこからなのです。それを詳しく解説しつつ、そして腑に落ちるように書いてくれている本です。

「続けることが苦手」「三日坊主」と感じている人にはとてもお勧め。

 

私の小さな習慣

考え直してみるきっかけになった本。

小さすぎて失敗するはずがない行動を毎日繰り返す。

ここからはじめよう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小さな習慣 [ スティーヴン・ガイズ ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/3/31時点)

 

この記事を書いた人

おん あんこ

おん あんこ

いつも「あんこ」と呼ばれています。

石川県金沢市武蔵町 おん Hair:Relaxation
個室「あんおん」にて女性のシェービングや肌ケアを担当している理容師
パステルアートなどの色に関する事も活動中

詳しいプロフィールはこちら