「好きなこと」だけして生きてく。by「心屋仁之助」 やりたくないことをやめることから始めよう。 

好きなことだけして生きていく

心屋仁之助さんの「好きなこと」だけして生きていく。

という本を読みました。

 

心屋仁之助さん

心屋さんは、心理カウンセラー。大手企業の管理職として働いていたが、家族に起こった事件がきっかけとなり、心理療法を学び始める。それが原点となり「自分の性格を変える事で問題を解決する」という「性格リフォームの匠」として活動。著書より抜粋

 

この本のタイトル、「好きなこと」だけして生きていく。

このタイトルを見て、あなたはどう感じましたか?

もし、「そんな勝手な!」「そんな事、みんなしたら大変な事になる」「私には無理」

そう思うのであれば、ぜひ読んでいただきたい。

いつも頑張ってしまうあなたへ

「頑張らないと価値がない」「頑張らないと認められない人間」だと思っている人は多いような気がします。

それは、なぜそうなってしまうのか、

そしてそのことがなぜ、空回りへと向かってしまうのか書いてあります。

 

自分は頑張らなくても価値がある

これを信じ切ること、思うことは簡単ではないかもしれない。

なぜ、人は頑張ってしまうのだろう?

「自分を大きく見せたい」そういう気持ちはあると思う。

でも、どうかな?「自分を大きく見せたい」「自分だけで乗り越えなければならない」そう思って肩の力が入っている人より、人生を自然体で楽しんでいる人の方が人は集まってくる。

そんな事を改めて教えてくれます。

そして、

「好き」という感情に蓋をしない

この事の大切さも。

好きなことをして生きていると幸せがやってくる

 

そして、その「好きなこと」と「ラクなこと」の違いも同時に考えます。

この違いはわかっておかないと、結果的に変わってくる。

私たちの価値観は子どもの頃から親に言われてきた言葉でしっかりと根付いてきていることが多いですよね。

それは、良くも悪くも。

でも、いい大人なのだからもう「自分で選んで」いいと思う。

色々な例を出して、そうしっかりと意識しなおせる本だと感じました。

才能、得、魅力を持っていることにしてみよう

 

とにもかくにもまずは

自分を信頼する

自分を「そこそこ」だと思っていたら「そこそこ」にしかならない。

自己採点が低いのに他人からの高評価を得ようなんて難しい話です。

まずは自分の心から。

自分の事を大切に思えない、自己採点を厳しくしてしまう・・そんな方にはとてもオススメの一冊です。

 

この記事を書いた人

おん あんこ

おん あんこ

いつも「あんこ」と呼ばれています。

石川県金沢市武蔵町 おん Hair:Relaxation
個室「あんおん」にて女性のシェービングや肌ケアを担当している理容師
パステルアートなどの色に関する事も活動中

詳しいプロフィールはこちら