マスクで肌荒れしていませんか?  その原因と対策。

お肌

コロナウィルスの影響により、マスクを着用する方が増加。

マスクだけでは予防にならないとまで言われていても、やはり環境として会社でしなくてはいけなくなった方も多いのでは?

そんな中

本日ご来店のお客様が

お客様

頬のあたりがなんだか荒れてきているようで・・思い当たる生活の変化はマスクしかないんですよねぇ・・・

お肌

そうそう、そうなんです。

実はこのマスク。

人によっては肌荒れを起こしちゃうことも。

それにはいくつかの原因が考えられます。

一般のマスクは主に大きく分けると

ガーゼタイプ と 不織布(ふしょくふ) タイプ  がありますよね。

このような不織布(ふしょくふ) タイプ の場合

不織布(ふしょくふ) マスク

マスクの素材

不織布 (ふしょくふ) タイプ は、機械的・化学的な方法で繊維を絡みあわせたり、接着したりした素材 なので、布を織って作ったものではありません。

ですから、 洋服の素材でも化学繊維が苦手な方などは、マスクの素材が合わないと肌荒れを引き起こしてしまうというケースもあるし、 マスクに配合されている抗菌剤によるアレルギー の場合も。

ですから、もし刺激を感じている方は 不織布 (ふしょくふ) タイプ のマスクの下に一枚ガーゼを入れて、肌にあたる部分の刺激を少なくするのも良いと思います。

そして

マスクの蒸れ

マスクの中は半密閉状態。 呼吸で湿度と温度が上がり、常にムレが。その結果、アクネ菌や雑菌の繁殖も進んでしまいがち ・・・。人のいない時にたまにマスクを外して、顔周りの通気性を意識しましょう~!

それに気持ちの解放にもなるし、大切だと思います。

マスクの摩擦

また普段マスクに慣れていない方が、今回の緊急時にマスクの着用が毎日となり、、

不慣れなために不必要にマスクを触ってしまったり、マスクをしたまま大きく顔を動かして話してしまったり、で肌への摩擦が起こります。これもまた刺激の原因に。

そして、その摩擦のせいで角質層が乱れて乾燥する ・・・

はぁ・・・ここまで色々あるとなると、マスクをするのがイヤになりますよね(笑

でも!肌荒れ予防も出来ます!

それは事前に行う保湿や、その後の洗顔。

化粧水やクリームなどを怠らず、きちんと保湿してからのマスク。

また、「最近、マスクをするようになってからスッピンで良いから楽!」とおっしゃる方がいらっしゃいますが、

マスクで通常より汗はかいていますので、洗顔も怠らないように。

スキンケアにも少し気を付けてあげるだけでも違うと思います。それでも治らない場合は他にも原因が考えられますのでお医者さんにみてもらいましょう。

その辺もふまえて、まずは自己管理から!

この記事を書いた人

おん あんこ

おん あんこ

いつも「あんこ」と呼ばれています。

石川県金沢市武蔵町 おん Hair:Relaxation
個室にて女性のシェービングや肌ケアを担当している理容師
パステルアートなどの色に関する事も活動中

詳しいプロフィールはこちら