ぎっくり腰、その後に感じた事  / 笑いの力、ストレスフリーで過ごしていこう! 

 昨日、ふとしたタイミングで腰がギク・・・・これはまずい!と焦りましたが、無事に軽度で済みました。

ぎっくり腰

私は「ぎっくり腰」を経験したことが無かったので、ドキリ。

ぎっくり腰の正式名称は急性腰痛症。その名のとおり、いきなり腰が痛くなる症状で原因は色々で、荷物を持ち上げた瞬間だったり、体を急に起こした時、急に体をひねった時など、またなんでもないような日常の動作で痛くなる事も多いそうで。

基本的には安静にして時間が経て治るようですが、慢性腰痛になることもあるため気を付ける事も大切なようです。まさに私の場合がそれでした。

腰が動かせなかったら、仕事が全く出来ない!と焦り・・経験した事のあるお友達からの色々なアドバイスをもらいました。

もちろん、接骨院や鍼灸院などのプロの方のところへ行けば良かったのでしょうが、その時間はまだ無く、とりあえず応急処置。

  • 痛くなってすぐなら、患部あたりを氷などで冷やす

ということがまずは良いとのこと。温めたりするのはその後のようですね。

でもその応急処置が良かったのか、軽症だったからというのもあるのか、痛みも次の日にはひいていて大変な事にはならずに済みました。しかし、ひどくなったらどうしよう!と怖かった・・・・。

そして、ピストルさんファン友達からもならば、顔そり気を付けてね~と、お大事にメッセージと共に志村けんさんのひとみばぁさん(床屋さんバージョン)の画像を見せてくれました。

新型コロナウィルスの影響で亡くなった志村けんさん。

切ないです。でも、久しぶりに観ても笑える。

凄いですよね志村けんさん。私も子どもの頃はとても好きで良く観ていました。こうやっていつになっても、いくつになっても笑いを提供できるって本当凄いなと思います。

無意識に笑われてしまうことはあっても、あえて人を笑わすって実はとても難しいと思う。だからお笑いの世界にいて大活躍している方は色々な人をも幸せにしていると思う。

笑い力 免疫力

笑いは免疫力をアップさせる。それもとてもよくわかる。逆に言えば怒ってばかりは、身体を壊してしまう。

そして、顔の表情、シワも笑い(笑顔)の多い人と、しかめっ面(眉間にシワを寄せる)の多い方では年齢を重ねれば重ねるほど、違ってきます。

仕事柄、色々な顔のお顔を触らせていただきますが、眉間にシワを寄せるクセのある方は凝り固まってしまっています。簡単なケアではそう簡単に消えなくなってしまう。

心も肌も凝り固まらないように

極力ストレスがかからないように過ごしていきたいものです。

ストレスフリーであるために

 

どんな人でも多少の「ストレス」はあるかと思います。でも、人によっての感じ方は様々。

今回のコロナウィルスの影響によってもいかにストレスを感じずに生活していくか・・とても重要でした。

コロナウィルスの影響はその人の生活環境、年齢や体調、職種によってストレスの大きさは違ったと思う。

でも、例えばほぼ同じような状況、立場であったとしても結局はその人自身の心の在り方でストレスの大きさは全然違ったことでしょう。

ストレスとどう付き合う?

ストレスフリーとは「ストレスの無いこと」ですが、それがなかなか難しくてもいかに上手く付き合うか、うまく発散出来るか・・もポイントだと思う。

日々、お客様とお話させていただいていて良く感じる事は、やはりストレスをためやすい人とためにくい人は特徴的な傾向があるという事。

その中でストレスをためにくいタイプの方は

  • 趣味や打ち込めるモノがある
  • 気持ちの切り替えが早い
  • 人に気を遣いすぎない
  • 明るい
  • 完全完璧を求めすぎない、楽観的
  • 身体を動かしている

そういうタイプの方が多いです。ストレスをためやすい人はこの逆。

またとても大切に思うのは

話を聞いてもらえる人 聞いてくれる人

話を聞いてくれる人が一人でもいいので、いると全然違う。

これは家族でも友人でも職場でも、それこそ行きつけのお店の人でもいい。とにかく吐き出す場所があるといいですよね。一人で全てを抱えこまない。困ったら相談してみる。

どうか無理しないで欲しいです。

聞くだけでもいい

そして逆の場合。誰かに相談されたらその答えを出してあげようと必死になるのではなく、聞くだけでもじゅうぶん相手は救われると思う。

相談のプロじゃなくても、時に人を救えると思う。

寄り添うだけでもいいと思う。

もちろん、時にアドバイスが必要だけど、どうしようも無いときにあ~だこ~だ!と意見を言われるより、ただただ聞いてくれる人の存在がありがたかったりしませんか?

「言われなくてもわかっている」

「ただただ聞いて欲しかっただけ」

その気持ちをくみとってもらえるだけでも、嬉しい。意外とコレさえも難しい事なのかもしれないけど、その寄り添ってあげたい気持ちは伝わりますもんね。

皆がうまく「ストレス」と付き合っていけるといいなと思います!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ いつもありがとうございます。 ポチっと下記↓をワンクリックで応援してもらえると励みになります! にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事を書いた人

おん あんこ

おん あんこ

いつも「あんこ」と呼ばれています。

石川県金沢市武蔵町 おん Hair:Relaxation
個室「あんおん」にて女性のシェービングや肌ケアを担当している理容師
パステルアートなどの色に関する事も活動中

詳しいプロフィールはこちら